リスと日本カモシカと野うさぎとキツツキに遭遇



夕方社長のパジェロで山に連れて行ってもらった。
途中で、リスと日本カモシカと野うさぎに遭遇。
山はすばらしい!!

澄みきった、ひんやりする空気の中で、いろいろな鳥の声に混じって、きつつきが、木をつつく音も聞こえた。
あとは、遠くで川の音がかすかに聞こえる以外は何も聞こえない。
街ではどんな静かな場所にいっても、こういった、絶対的な静けさは感じることができない。

雪をかぶった御嶽山は美しく、連なる山々もまるで水墨画のようだった。

途中で社長が一本のかれかかった木の前で立ち止まって、どうしてあの枝折れとるかわかるか?
と聞いてきた。

3年ぐらい前、その木は虫に食われてもう、枯れることを自分で察知して、まだ実をつける時期ではないのに、枝いっぱいに実をならしたらしい。それをめがけて熊が木に登って食べ、枝が折れたらしい。
木も生きている。

家に帰って、妻にその話をしたら、
「でも逆に目だって、熊に食べられちゃったら、意味ないじゃん、、、、、」といわれた。

もう、こういった話を妻にするのはやめようと思いながら、確かにそうだな、、、と思ってしまった。


御岳山

Related Post