薪も大事だけど焚きつけも大事



今日はしっかり霜がおりた。
来週からは、一段と寒くなるようで、氷点下の日が何日かありそう。

ということで、薪ストーブの焚きつけつくり。
薪ストーブ3年目にして、ようやく焚き付けをしっかり確保することにした。
これがあるかないかで、薪ストーブの火の扱いがほんとに楽になる。
焚き付けがあるとライターで火をつけるだけであっというまに、ストーブ内があたたまり、外部からの空気も勢いよくはいってくるようになり、大きな木にも簡単に燃え移ってくれるが、これがないとくろうする。

チェーンソーで以前きっておいた。
薪割り

タイヤの中に立てて斧でわるとあっとゆうまにたくさん割れる。
薪割り
焚きつけなので10日分ぐらいにはなるかな。
薪割り

Related Post