長野の高ソメキャンプ場に行ってきた!大雨に襲われる。



2泊3日で長野県の高ソメキャンプ場に行ってきた。
3家族12人で毎年恒例の行事になってきた。
キャンプ場内に大きな池がありつりが楽しめ、白樺の林の中にある、きれいなキャンプ場だった。

マイナスポイントとしては、サイトがそんなに広くないので、となりの人たちとの距離が比較的近くなってしまうのと、つりの料金がちょっと高め。釣る料金のほかに、釣った魚1っぴきにつき250円かかる。2時間で9匹釣ったので2250円だった。釣りすぎは要注意だ。場所さえ選べば結構つれる。花火は手持ち含め全面禁止だが、これは個人的にはOK!共用の冷凍庫、冷蔵庫は無料。魚をさばく場所と包丁もある。

全員の携帯がSOFTBANKで携帯が通じなかったので、外部の情報がまったく入ってこない。台風が発生していることも知らず、最終日の天気は完全に晴れだと思っていた。、、、しかし最終日の夜中から激しい雨が降りだした。雨の音がうるさくてさっぱり眠れない。テントの隅の方もだんだんとぬれてきた。

朝になっても雨の勢いはますます強くなるばかり。そんな中でも何とか火をおこし、昨夜仕込んだ、発酵しすぎたパン生地を焼き、朝食。これがまた最高においしかった。

そんなことをしている間に、雨がやみ、無事テントの撤収ができた。すっかり雨のキャンプには慣れっこになってきた。けど、来年こそは満点の星空の下のキャンプいってみたいな。

白樺の中にある美しいキャンプ場

高ソメキャンプ場

高ソメキャンプ場釣り池。みんなあまり釣れてなかったが、、、、奥の水が流れ込んでいるあたりに移動したら、ほとんど入れ食い状態だった。
高ソメキャンプ場手前が食事用テント。奥3つが3家族分のテントだ。
高ソメキャンプ場岩魚がほとんどでにじますが1匹だった。やっぱりキャンプで食べる川魚は格別だ。つれなくても買えるようにしてくれれば食費として計算できるのになあと思います。その分計算して食材の準備をできるから。
高ソメキャンプ場小さかった子供たちが、すっかり一人前のお手伝いができるようになってきました。ちょっと感動。
高ソメキャンプ場管理棟の人たちは感じのいい人たちでした。ちょっと説明不足な部分もありましたが。
高ソメキャンプ場今回から登場したダッチオーブン。やっぱり最高!!!!!!!!!!!
高ソメキャンプ場あこれはただたまねぎを、オリーブオイルで焼いただけ。なのに、おいしーーーーー。チョーアマでした。
高ソメキャンプ場こんな瞬間がキャンプで一番楽しい時間のひとつ。

Related Post